2008年07月05日

イタリア旅行 〜フィレンツェ5〜

<フィレンツェの犬犬 〜pm〜>

飼い主さんと犬犬の組み合わせが、なるほど〜という感じでした。

イタリア初のシェパードです。
うーん、カッコイイ。顔(メロメロ)
inu_firenze7.jpg

女の子もシェパを連れてました。
ちょっと恥ずかしそう…。顔(イヒヒ)
inu_firenze8.jpg

写真を撮らせてexclamationと言われ、嬉しいような、恥ずかしいような…という感じ。
inu_firenze9.jpg

inu_firenze10.jpg

inu_firenze11.jpg

とってもおしゃれなお姉さんと、しっかりカメラ目線のピンシャー。
inu_firenze12.jpg

日中は暑かったので、夜になっても散歩している人が結構いました。
inu_firenze13.jpg

inu_firenze14.jpg

inu_firenze15.jpg

とってもいろんな犬種に会えました。顔(笑)
シェパードを見たら、やっくん犬 に会いたくなっちゃいました。
やっくん犬 も一緒だったら楽しかっただろうな。

ニックネーム 管理人 at 02:04| イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

イタリア旅行 〜フィレンツェ4〜

さっき上っていた「ジョットの鐘楼」の外観です。
これもとってもキレイです。顔(笑)
firenze32.jpg

「ジョットの鐘楼」を降り、シニョリーア広場に戻ってくると、馬車が止まっていて、一頭の馬が餌を食べています。
firenze20.jpg
別になんでもない風景ですが、この後、馬が顔をあげてビックリexclamation×2
首に餌袋がぶら下がっていて、そのまま移動。なんて合理的。顔(イヒヒ)
firenze21.jpg

アルノ川に架かる「ベッキオ橋」に向かって歩いていると、人前結婚式ムードを行っていました。
なんとなく、おしゃれ。顔(メロメロ)
firenze22.jpg

しばらくすると、「ベッキオ橋」に到着。
firenze23.jpg

橋の両側にはお店が並び、人々で溢れかえっています。
firenze24.jpg

ウィンドウショッピングを楽しみながら、橋を抜けてアルノ川の川沿いに歩きます。
川に青空と街並みが映って、キレイぴかぴか(新しい)です。
firenze25jpg.jpg

自転車用の道もありました。ヨーロッパは、車(セダン)をやめて、自転車で通勤する人が増えているとニュースで見ましたが、ちゃんと環境も整っているんですね。
firenze26jpg.jpg

パレードにも遭遇しました。何のパレードなのか不明ですが、この大砲から空砲が撃たれたり、旗を投げたりと賑やかでした。るんるん
firenze27.jpg
firenze28.jpg

フィレンツェではお財布とマーブル紙を購入する予定。
まずはお財布。「イル・パリオーネ・35」というお店です。
ここはオーナーの一人が日本人の方で、日本の話をしながらお気に入りの財布を購入できました。顔(笑)手(チョキ)
firenze29.jpg

次はマーブル紙。じつはお財布を買ったお店の目と鼻の先でした。
「リレガトーレ・ディ・リブリ・A・コッツィ」というお店です。
職人さんが奥から出てきて、レジを打ってくれました。
firenze30.jpg

目当てのものを購入できてご機嫌 るんるん で歩いていると、バイクが駐禁を取られていました。
思わずカメラ
firenze31.jpg

翌朝、フィレンツェの街を一望できる「ミケランジェロ広場」に寄り、楽しかったフィレンツェにお別れです。
顔(泣):「またいつか、必ず…。」
firenze33.jpg
firenze34.jpg
ニックネーム 管理人 at 00:00| イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

イタリア旅行 〜フィレンツェ3〜

6月に入ってイタリア旅行のブログを書いていたら、周りの方々に「いつイタリアから帰ってきたんですか?」とか、「いつの間に行ってたんですか?」と聞かれます。
実はこのイタリア旅行、昨年の9月に行ってます。顔(ペロッ)
書きたいことが盛りだくさんだったので、少しずつ書いていこうかなと思っていたら間が空いてしまい、もうすぐ1年経ってしまいそう…。顔(え〜ん)

ということで、フィレンツェ編の続きです。
次に訪れたのは「ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)」
フィレンツェを紹介する際によく出てくる建物です。
firenze9.jpg

firenze10.jpg

中にはフラスコ画が描かれています。
クーポラ(丸い屋根)の内側には「最後の審判」も描かれています。
firenze11.jpg

firenze12.jpg

「ドゥオーモ」の前には八角形の「洗礼堂」があり、「天国の扉」が有名。
「天国の扉」という名前はミケランジェロが名付けたといわれています。しかもこの「洗礼堂」「天国の扉」、日本人の寄付によるレプリカで、オリジナルはドゥオーモ博物館に収められているそうです。

午後からは自由時間です。
まず燃料補給ということで、ガイドさんに教えてもらった「Yellow」というpizza、pasta屋さんレストラン に行きました。
ボンゴレのpastaと、4種類の味を楽しめるpizzaを注文。
firenze14jpg.jpg
firenze15.jpg

写真でお伝えできないのが残念なくらい、美味しかったです。顔(メロメロ)
今でも忘れられません。またイタリアに行ったら、絶対行きますexclamation×2

お腹が一杯になったところで、「ドゥオーモ」の横にある「ジョットの鐘楼」を登ります。「ドゥオーモ」も上に登れるのですが、「ドゥオーモ」と一緒にフィレンツェの街並みを見たかったため、あえて鐘楼を登ることに。小鳥カメあせあせ(飛び散る汗)

414段もある狭い階段を登ります。ふらふら
でも早く登って景色が見たいexclamation×2
firenze16.jpg

やっと登りきりました。Good
この景色を見るためにイタリアにやってきたんです。
firenze17.jpg
firenze19.jpg

ちょっと雲が出てきちゃいましたが、大満足。顔(笑)るんるん
ちなみにフィレンツェは景観を大切にするために、洗濯物などは大通りから見える場所には干してはいけないことになっています。
この写真をよく見ると道路から見えない場所(中庭に沿った窓など)に干しているのがよくわかります。
ステキな景色も住民の方々の努力に支えられているんだなと思った瞬間でした。
firenze18.jpg

フィレンツェ編、まだまだ続きます。顔(笑)
ニックネーム 管理人 at 14:36| イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

イタリア旅行 〜フィレンツェ2〜

<フィレンツェの犬犬 〜am〜>
飼い主さんと一緒に出社している 犬 が多いような気がしました。

お店が開店するのを待ってます。犬(笑)
inu_firenze1.jpg

クリーニング屋さんの犬(笑)
舗道にいますが、おとなしくて通行人にいたずらすることはありません。
inu_firenze2.jpg

飼い主さんと一緒に出社かな?犬(足)
inu_firenze4.jpg

お散歩姿もステキに見えるのはなぜ?顔(メロメロ)
inu_firenze3.jpg

inu_firenze5.jpg

一応、この子も看板犬。顔(イヒヒ)
犬「ボク、24時間、働いてます。」
inu_firenze6.jpg
ニックネーム 管理人 at 22:02| イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

イタリア旅行 〜フィレンツェ1〜

久々のイタリア旅行のレポートです。
今回はここに行きたくてイタリア旅行を企画したといっても過言ではない、「フィレンツェ」です。顔(笑) Clap
青い空、オレンジの屋根。他の都市が雨 でもいいから、ここだけは晴れて晴れ ほしいと思っていた街。

まず向かったのは、入場するのに順番待ちをすると言われている「ウフィツィ美術館」
早めにホテルを出て、「シニョリーナ広場」を通って向かいます。明け方まで雨が降っていたため、まだ道が濡れています。
firenze1.jpg

美術館では「ヴィーナスの誕生」「春(プリマヴェーラ)」「受胎告知」「ウルビーノのヴィーナス」などを、じっくり堪能しました。Good
ちなみに「ウルビーノのヴィーナス」は、先日東京でも公開され、見に行っちゃいました。顔(イヒヒ)

美術館の窓からは「ヴェッキオ橋」が見えます。
晴れが出てきて、私の見たかった景色が見れそう。楽しみ。るんるん
firenze6.jpg
また、美術館はコの字型になっていて、ちょうど真ん中の窓からはこんな風に見えます。目 
長〜いんですね。
firenze7.jpg

美術館を見学後、先ほど素通りした「シニョリーナ広場」を堪能。
ここは広場ですが数多くの彫刻が立ち、屋外美術館のようです。イタリアってすごい。顔(笑)
まずは「ダヴィデ像」のレプリカ
firenze2.jpg

「メドゥーサの首を持つペルセウス」
firenze3.jpg

「コジモ1世の騎馬像」
firenze4.jpg

「ネプチューンの噴水」(水が出ていませんが… 顔(汗)
firenze5.jpg

広場にはカフェやお店がたくさん。こんな美味しそうなフルーツも売っていました。顔(メロメロ)
firenze8.jpg
ニックネーム 管理人 at 22:57| イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

イタリア旅行 〜本事情〜

久しぶりのイタリア旅行編ですが、今回は本についての情報です。

イタリアに行ったら、現地の愛犬家の方々が読んでいる月刊誌 本 が欲しい!と思っていたので、ドライブインや本屋さんで探しましたが、きちんとした犬本犬 は見つかったものの、月刊誌がありません。顔(汗)

さらに、何件か本屋さんをチェックしているうちにあることに気づきました。
犬 だけではなく、インテリアいす や料理レストラン などの月刊誌、週刊誌が置いていないのです。
イタリアには週刊誌、月刊誌というものは存在しないのexclamation&question
でも、どこかで芸能関係の週刊誌を見た記憶があります。
その疑問をガイドさんにぶつけてみると、ビックリするような返事が…。
顔(笑)「イタリアでは漫画や月刊誌などは本として見なされていないので、本屋さんには置いていません。駅の売店などで売っていますよ。」とのこと。

さっそく駅の売店に行ってみると、店員さんの後ろの棚に犬本犬 がズラリと6冊以上並んでいるではありませんか。こんなにあったんだ…。
出来れば手にとって中を見てから決めたいexclamation
でも全部出してもらって、中を見始めたら嫌がられるだろうなと一旦は諦め、ホテルへ帰りました。顔(泣)
が、諦めきれるはずもなく、一晩「イタリア会話ブック」とにらめっこをし、「とりあえず本の中が見たい」「これが欲しい」と言えるように勉強したうえで、翌日チャレンジしてみました。Good

なんとか会話が通じて3〜4冊見せてもらったうえで、買ってきたのがこの本。
『CANI』=犬 というそのままの題名の本です。
hon1.jpg

この本が一番読まれているようです。
もちろん中は全部イタリア語。これから辞書を片手に読んでいきます。
ちなみに今回はシャー・ペイという犬種の特集でした。

また本屋さんめぐりをしていた時に、シェパードの本を見つけて思わず買ってしまいました。
なぜイタリアでシェパード?という気はしますが、中の写真がとってもかわいい&かっこいいのでよしとしました。
hon2.jpg
ニックネーム 管理人 at 00:00| イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

イタリア旅行 〜ヴェネツィア2〜

ヴェネツィア、最後のイベントはゴンドラです。
午前中は雨がパラパラ小雨していましたが、ゴンドラに乗る頃には晴天晴れでした。顔(笑)

benechia8.jpg


<ヴェネツィアの犬犬

飼い主のお兄さんもジーンズに黒のジャケット姿、そしてこの子というペアで、とってもかっこよかったです。揺れるハート
本当はお兄さんも一緒に写って欲しかったのですが、「犬を撮らせて」と言った手前、「お兄さんも入って」と言い出せずこんな写真に…。顔(え〜ん)
旅行後半は、しっかり「一緒に入って!」って言えるようになるんですけどね。
inu_benechia1.jpg

カップルで、お互い犬を連れて歩いている人もたくさんいました。
inu_benechia2.jpg

晴れの日の気持ちがよさそうなショット。
inu_benechia3.jpg
ニックネーム 管理人 at 16:19| イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

イタリア旅行 〜ヴェネツィア1〜

次の都市は「水の都ヴェネツィア」
到着後、夕食までの間に水上バスに乗ってみました。
と軽く書きましたが、チケットを買うにも一苦労。顔(汗) でもなんとか乗り込み、「リアルト橋」付近で下船。そこから街の様子をパチリ。カメラ

benechia1.jpg

翌日は「ドゥカーレ宮」
広間には天井画や絵画がたくさんありますが、写真は撮れないので外観のみ。カメラ

benechia2.jpg

次は「サン・マルコ広場」「サン・マルコ寺院」
文字通り聖マルコの聖遺骸が祭られています。外観も素晴らしいですが、内部はもっと素晴らしい。でもやっぱり写真撮影は禁止。顔(え〜ん)

またここの広場は満潮の時間になると水浸しになることでも有名。
寺院を見学するために並んでいた時は、少し水が石畳の隙間から出てきたな…という程度でしたが、見学を終え外に出てくると一変。がく〜(落胆した顔)

benechia6.jpg

こんな風に海水が湧き出てきます。

benechia4.jpg

広場を上から見ると…。人が固まっているところは、まだ水深が浅いところ。右端に渡り廊下のように板が見えますが、あの上を歩かないとびしょぬれになります(私たちはびしょぬれになりました)。顔(え〜ん)

benechia5.jpg

2〜3時間すると水が引いて、いつも通りに。

benechia3.jpg

ヴェネツィア、不思議な都市です。
ニックネーム 管理人 at 01:04| イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

イタリア旅行 〜ミラノ〜

夏休みをいただき、イタリアに行ってきました。
やっくん犬はお留守番。

世界遺産が大好きな私と、建築家の主人の行きたい国、またイタリアの犬達犬にも興味あり!ということで、たくさん写真カメラを撮ってきたので一部を紹介します。

まずは“最後の晩餐”がある「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」
教会内は写真が撮れないので、入口でパチリカメラ。 “最後の晩餐”は素晴らしかった。遠近法が使われていて、離れてみると人物が手前に見えます。遠近法はこの時代では画期的だったみたいです。

mirano1.jpg

次は「スカラ座」。ここは外観の写真のみカメラ

mirano2.jpg

「スカラ座」を抜けて「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」へ。
ここはガラスと鉄でできたドーム型天井が有名です。

<天井の真下から上を見上げると…>
mirano4.jpg

<角にはフラスコ画が…>
mirano3.jpg

最後は「ドゥオーモ」
イタリアのゴシック建築のなかでも最高傑作といわれる大聖堂です。
写真で見ても作り物(置物)のように見えてしまうほど、細かいところまで手が込んでいます。本当に当時の技術にビックリexclamationするばかり。

mirano6.jpg

<入口の門には聖母マリアの生涯が彫られています>

mirano7.jpg

〜ミラノの犬犬
お昼に入ったお店の看板犬です。イタリアでは飲食店でも犬がいます。
お店の人に「Posso fotografare cane?」(犬の写真を撮らせてください)とお願いしたら、即OKexclamation。ゴロンもやってくれました。

inu_mirano.jpg


ニックネーム 管理人 at 00:00| イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする